レーザーを利用

毛穴を治療する際、そのほとんどがレーザーによっておこなうものであり、きれいになるので人気を博しています。きちんと器具を使い、根本から解決することが望まれるからです。たとえば、毛穴の黒ずみが目立つからと言って、そこだけを排除したとします。しかし時間が経てばまた毛穴は黒ずみ、いたちごっこのようになってしまうことがあるのです。だからこそ美容皮膚科で毛穴治療をしてもらい、黒ずみがなくなる、あるいは残りにくくなるようにしてもらう必要があります。

きれいになるまず、もともと詰まっている毛穴の汚れをレーザーで取り除いてもらいます。そして完全にきれいになったら、次は毛穴まわりの肌のきめを整えていき、毛穴が開いている状態を、内側から修復していきます。こうすれば毛穴の開きがなくなり、毛穴に汚れが詰まりにくくなるのです。また、キメを整えることで肌が一段明るく見えるようになります。

このような治療は家ではできないことであり、また一般的な皮膚科でもやってもらえないことが多いです。きちんと美容皮膚科に行ってみてもらうことであなたの毛穴をもとからケアし、美しい状態へと改善してくれるのです。レーザーを使っておこなうからこそできる技といったところでしょう。

 

アフターケアをしよう

せっかく毛穴がきれいになったとしても、しばらくたったら元通り、なんてことになってしまったら困るでしょう。だからこそ、毛穴の原因とそのあとのケアを大切にする必要があります。

薬美容皮膚科で治療してもらうことには治療以外にもメリットがあります。それが、治療後のアフターケアをしてもらえることです。治療後にも肌をキープするためにはそれなりのお手入れが必要ですが、今までの自分のやり方じゃ不安に思ってしまうのではないでしょうか。だからこそ、美容皮膚科で丁寧に指示してもらいスキンケアの方法を学ぶ必要があります。場所によっては外用薬などを処方してくれるところがあるのでそれらを利用しましょう。

毛穴はつまってしまっているだけであれば取り除けばよいのですが、毛穴が開いてしまっている人は、取り除いたあともケアが必要です。ほかにも肌の健康状態が損なわれてシミのようになっている毛穴や、老化とともにたれてしまう毛穴など、黒ずみを取り除いてもまだ問題の残る毛穴があります。これらは医師に相談しながら、肌の調子を整えるスキンケアを教えてもらったり、ライフスタイルの改善を試みたりと、治療後の自分の肌も気をつけながら生活をしていきましょう。